小学校受験とは

合格はちまきを巻いた女子高生

近年、中学校受験だけでなく、主に首都圏、関西圏で、小学校受験も盛んになってきており、「お受験ママ」という言葉も良く聞きます。この原因としては、ゆとり教育による教育カリキュラムの簡易化から、保護者達の公立小学校への不信感、私立・国立小学校による質の高い教育への期待感などが高まってきているからと言えます。 基本として、小学校受験の入学考査の内容としては、「面接」「学力テスト」「運動」「協調性などを検査する行動観察」が主です。国立の小学校の場合、入学者選抜には「抽選」という手段をとるところもあります。 このような、私立小学校の入学考査の対策のために通うのが幼児教室です。幼児教室に通うのと、通わないのとでは、得ることのできる情報量が圧倒的に違ってきます。

私立の小学校受験において、主となるのが、「面接」「学力テスト」です。 まず、面接は、親子・親のみ・子どものみのどれかのパターンで行われます。幼児教室では、面接の練習を行うことが可能なため、本番でリラックスして面接に取り組むことができ、お子さんの実力を発揮しやすくなるというメリットがあります。 小学校受験の問題は、高校受験・大学受験とはまた種類が異なり、ただ知識を身に着ける、「ひたすら勉強すればどうにかなる」ものではなく、子どもの「思考の柔軟性」も重視されるものが多いです。幼児教室では、たくさんの問題に触れて、ひらめく力・考える力を伸ばしてくれます。 このように、幼児教室は本番のために、家庭ではできない、受験に必要な準備に関してサポートをしてくれます。